• 2018.05.21 Monday
  • Knit

ドリバド出たらみんなニット編めるようになるやん…

って思っていたら、け、けっこう難易度高くないすか…?

アランセーター挑戦したいけど、ウーン…

 

本で指定してあった棒針と毛糸が準備できなかったので

とりあえずいっぺんサイズ感をつかむべく、

うちにあった材料で、とんがり帽に挑戦。

 

 

鹿の子編みが、編み方としてはとても簡単なのに

なんだかすごくいい感じに見えてびっくり。

あと、いままでゴム編み部分にちょっと不満があったんですが

この本の方法でやると、凸凹がよりハッキリ浮き上がって

とてもいいなと思いました。

ただねじってる分、一旦目をこぼすと大惨事…?な予感。

かぎ針で修正できない…

 

 

糸はiroiroという毛糸を使ってみました。

もともと4本撚り→1本はがして3本撚りにしています。

これなら行きつけの手芸屋さんにあるし、色も豊富だしいいかな♪

と思ってたら、純毛なので、糸を分ける作業がそこそこ大変。

すぐ毛が絡んで「んもぉお〜!!」ってなります。

心の中がだいぶ牛。

セリアでいいかんじのカットクロスを見つけたので、

パンツに仕立ててみたら、なんだかとってもお部屋着感(´-ω-`)

Tシャツにプリントでもあれば、また違ったのかも。

 

 

靴履かせて、リュック背負わせたらそれなりになりました。

 


リュックはハンドパーツのついでにアゾンさんで購入。

(ピコニモサイズも買ったよ!↓)

 

 

ピコニモ用はオビ11にもよさげでした。

 

1/6も1/12もどっちもファスナーがちゃんと有って、

ちゃんと開閉できるのがすごすぎる…

これは自分で作るのはちょっと無理ぽい

次のドリバドがニット特集、と聞いて早速予約してきました。

せっかくなので本が出る前にうちでやってた方法をまとめ。

 

実は昨年のイベントに出した時と今では編み方変えてやっています。

 

昨年は、まあ大雑把にいうと

 

 

こんな感じでみっつのパーツをそれぞれ裾から編んで

各パーツを縫い合わせる方法。

 

 

でもってさいごに袖口、裾の目を拾ってゴム編み↓

 

 

一般的な人間のセーターを編むときと同じ方法です。

見た目はいいんですが、なにしろ接(は)ぐのが大変。

各工程で出た、糸の始末もしなくちゃいけないですし、

接いだところの裏もごろごろするので、

ちょっとサイズ的にはどうしても大きめになります。

 

そして今年〜の方法

 

 

なんのこっちゃな図ですが、まず襟ぐりをゴム編みで編み始めます。

「^」の部分で増し目をしながら、肩のあたりまで編めたら、

一旦そでのところの目を安全ピンとか段数リングで休めておいて、

 

 

後ろ身頃(右)〜前身頃〜後ろ身頃(左)を続けて編みます。

そしてある程度の丈が編めたらゴム編みして終了。

 

 

一旦とめておいた肩のところの目をひろって筒で袖を編みます。

こちらもさいごにゴム編み。

あとは背中の開きの部分の目を拾ってゴム編みして

カーディガンで言うと、前立てみたいな部分を作って終了。

 

以上です。

 

図としては多少ややこしいけど(やってることは単純なんすけどね)

接いだり、目を拾ってゴム編みもほとんどしなくていいですし

そのおかげで端糸の処理とか激減、裏もすっきりでいいことづくめ。

 

まあ唯一「ん?」って思うのが、シルエットの差

 

  去年までの方法←       →今年からの方法

 

今年からの方法だとラグランスリーブになります。

やっぱりセータっぽいのは左なので、

そのへん好みが分かれそうだけど、編んでて楽なのは断然右です。

 

あと襟ぐりがね〜まだちょっと上手くいかないです。

なんかちょっとつっぱっちゃいます。

 

そんなこんなを頭に入れて頂いたうえで、

この記事あたり見て頂けたら面白いかもしれません。

 

というわけで、再来週くらいに出るドリバドを参考にしたら

もっと上手に編める方法が分かるかも知れないし、乞うご期待!

というわけで〜

 

本が出たら皆さんドールのニットを編めるようになるかもですが

よかったらうちのニットもよろしくお願いしますね〜(^^)

ドールやお洋服がちょっとでも良く見えれば、、、

と思い、撮影ブースを製作。ネットみて100均で揃えました。

 

せっかくなのでフロッケさんに追加で納品してきた

カンカン帽とバッグのsetを撮影してみましたが、どうかな〜

 

 

照明の当て方とかよく分からないので、また勉強しよう…。

 

帽子かぶってないからか、もともとの肌色のせいか分からないけど

こっちはなかなかキレイに撮ることが出来ました↓

 

 

ついったではすでに載せた、このワンピース。

昨年あーでもないこーでもないして、結局イベントに出せなかった

チェックシャツの丈を伸ばして、シャツワンピに改造してみました。

うん、こっちの方が今年っぽいかんじ!(な気がする…)

 

靴は3月末のいろどりマルシェでお迎えさせて頂いた、

maron maronさんの編み上げブーツです。かわいい。

ようやくご紹介できてうれしい限りです。

服が何倍も良く見える〜…!

 

こちらでは全然案内していませんでしたが、

ぼちぼちtwitterも動き出しましたので、ご報告です。

@saayaryou

です。よかったら覗いてやってくださいね〜!

blogよりかは幾分更新頻度も高いはず…

見る専でいた期間が長く、まだまだ初心者ですが

どうぞよろしくお願いいたします。

フロッケさんにお洋服の納品をしてきました。

 

新作はワンピースとカーディガン(手編み)のセット。

冬のイベントで出したセーターより大分細い糸で編んでいて

よりリアルっぽい仕上がりになっています。

 

中のワンピースはどれも一緒で、カーディガンのお色は

 

グレー

 

ブラウン

 

ピンク

 

の3色。各1点ずつですので、

お気に入りの色がありましたらお早めにどうぞ!

 

ワンピースだけ着用だとこんなかんじです↓

 

 

なんかもう毛糸のカーディガン着せるには暑くなってきましたけど

ワンピだけなら、これからの季節もオッケー(なはず)。

秋口になったらセットの通り、カーディガンを羽織らせて、

冬になったら中に着るものを変えてもいいんじゃないでしょうか。

 

あとリバーシブルベレー帽2点と、

千鳥格子のワンピース(ラス1)も置いて頂いています。

 

 

フロッケさんのお店の情報等はこちらからどうぞ→

 

良いご縁がありますように

くまめいと用の着物(おとこもの)を作りました。

 

 

採寸して、おおざっぱに型紙起こして試しの布で縫ったら

 

 

丈はいいんだけど袖がめちゃくちゃ長ぁーい!

あと無地(しかもピンクとか)で縫っちゃったので

なかなかイメージが産着とか検査着とかそんな…

おとこもののシュッとしたかんじからは程遠い…

 

型紙の形自体は↑で間違ってないと思うんですが

体型の方が人間とはだいぶ違うので

違和感はあるけど思い切って肩を入れてみました。

 

 

作ってみたのが↓

 

 

これでもちょっと袖長めだけど、まあOKでしょう!

 

***

 

今回おとこものの着物をはじめて作るにあたり、

母にいろいろ聞きつつ縫っていたんですけど

ホラ女の人って、ちょっとしたものを袖の振りに入れる時

たもとから出し入れするじゃないですか〜。

おとこのひとの着物の場合、たもとの部分は縫いとめられていて

(というわけでその部分は、たもと、じゃなく「人形」というらしいです)
袖口の方から物を出し入れするんだよって教えてもらいました。

そういえば時代劇とか見てもそんなようだったかも〜と

いろいろと勉強になりました。

 

さいごに自分メモというか、

くまめいと用着物を作られる方がいたら参考になればと…

 

 

といっても縫う手順とかまではサポートしかねますので

あくまで「ある程度縫える人」向け。ゴメンナサイ。

「やってみたけどサイズ合わないよ?」ってなったらゴメンナサイ。

 

あと注意事項

・縫い代は別につけて下さい。

・おくみは身頃と一体化しています。

・襟の長さは絶対長いので、真ん中から外に順に合わせていって

 残った部分は切ってください。

 

よろしくおねがいいたします。

昨年末に作ったリバーシブルのベレー帽を再製作。

 

 

裏返すとき邪魔にならないよう、ぽんぽんは取り外し可能にしています。

秋冬サーイド↓

 

 

秋冬の生地も終わりかけかなーという頃に買ったこの生地。

(写真じゃ見えにくいけど、茶色と緑のチェックです。)

その時、もう店頭にある布がびみょうな残り具合だったので、試しに

「残り全部だと何センチになりますか?」って聞いてみたら

「ウーン90cmくらいですね〜…でも80cmにしときますよ!」

っていい笑顔で言われたので、残り全部くださいしてしまいました〜。

大体こういうウールの高い生地って、よっぽど使い道決まってない限りは

30〜50cmくらいしか買わないんだけどなー商売上手いなー(笑)

というわけで、この帽子作って尚けっこう余りある感じ…。

でも厚みもそこまでない縫いやすい布で、柄も気に入っているので

割といい買い物したかな〜と思っています。

これでシャロっぽいコートとか鹿撃ち帽とか作っても可愛いはず。

 

と、もう春なのに、暖かい時に着る服がまるで思い浮かばない今日この頃。

秋冬服の方が断然作りたい病。

 

ベレー春夏サイド↓

 

 

前髪ない子にも被せてみて、それはそれで可愛いのですけど、

私は帽子被せるんなら前髪ある方が断然好みかも。ニット帽もしかり。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

web本棚

イベント参加予定

12/2 DOLLS Sanctuary'18

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM